2008年05月02日

オエイシス!

今日は家でのんびりしてます。YouTubeのoasisチャンネルに、好きな曲がアップされていたので貼っちゃいます。オアシス自体僕にとっては青春そのものって感じなのですが、このAcquiesceは本当好きですね。




ついでといっては何ですが、3年前に別のブログで書いたライブレポ風のエントリがあったのでコピペ。なんだか熱く語ってました(笑)

2005年8月14日 千葉マリンスタジアム

猛暑を吹き飛ばすべく、サマーソニック05に行ってきた。お目当てはもちろん、オアシスだ。

僕にとってはオアシスのライブは3年ぶり4回目。

1998年2月 日本武道館
2000年2月 横浜アリーナ
2002年9月 代々木体育館

最初に見に行ったのは、もう7年前ということになる。時間が経つのは本当に早い。

サマーソニックは座席指定がないので、スペースが許す限り好きなだけ前の方に行くことができる。僕とバンド仲間2人は、ひとつ前のWEEZERのステージが始まる頃から会場に入って少しずつ前に進み、最終的にステージから20メートルくらいのところに陣取った。

WEEZERが終わり、機材不調やらなんやらで30分くらい待たされた後、満を持して、ライブ定番のオープニング曲 Fuckin' in the bushes がスピーカーから爆音で鳴り始めた。ついにオアシス登場だ!ステージ近くはまさに「すし詰め」で、全員半狂乱で縦ノリジャンプっていうもの凄い状態になってきた。

1曲目は最新アルバムから、Turn up the sun。さっそくステージ観客一体となった大合唱が始まった。オアシスのライブの醍醐味は、何といってもこの大合唱だ。ファンは、サビとか関係なしに、とにかく最初から最後まで歌う。何故かは分からないけど、とにかく歌ってしまうのだ。

今回は懐かしい曲が多かった。数えてみたら、15曲中8曲が1st/2ndの曲だった。僕にとっては、嬉しい限りだ。なぜならその頃の曲は、僕の学生時代の思い出と直結しているからだ。1曲1曲に、色々な場面が沁み付いている。

Champagne Supernova から Rock 'n' Roll Star へと続いたあたりで、僕はみんなと一緒に歌うことが出来なくなった。歌おうとすると、涙が溢れそうになった。僕の胸の中には、学生時代の自分がいた。後先省みずに、突き進んだ時代。若い力の全てを音楽に注ぎ込んだ時代。もう、あの頃に戻ることはない。

ライブも最後に近づき、Don't Look Back In Anger のイントロのピアノが流れだすと、ファンの興奮は最高潮に達した。それぞれが、それぞれの想いを胸に、歌った。僕はじっと、ノエルの姿を見つめていた。

今回のライブは今まで見たオアシスの中で一番良かったと思う。僕にとっては、今こういうライブを見ることが出来て本当に良かった。

ステージが終わって、マリンスタジアムには大輪の花火が打ち上げられた。花火を見ながら、僕はあの頃の一生懸命さをずっと忘れないようにして生きて行こうと思った。


そしてこちらは1年半前のエントリ

ノエル兄さんに会ってきました!

ライブ会場は恵比寿LIQUIDROOMでした。初めて行ったんですが、会場に入った第一印象は「え?こんな近いの??」でした。LIQUIDROOMはもちろんライブハウスなので、ステージと客席が近いのは想像していたのですが、予想以上でした。しかも整理番号での入場だったのでまだ人は少なく、最前列に2〜3列できてたくらいでした。ステージ幅はざっと15mくらいでしょうか。最前列とステージの間隔は、1〜2mくらいでした。迷わずその最初の2〜3列に加わり、待つこと1時間。珍しく(?)ほぼ定刻に、ライブがスタートしました。

さて、今日のライブはMySpaceのSecret Shows Japanという企画で、「NOEL GALLAGHER and GEM of OASIS - UNPLUGGED IN TOKYO」ということでした。つまり、オアシスといっても出演するのはノエルとゲムだけ。あとはヘルプでドラムの「テリーさん」が参加していました。基本的にはノエルが真ん中で歌って、ゲムがギターを弾いたり、オルガンを弾いたりして、テリーさんがスネアとパーカッションを鳴らすという構成でした。

間近で見るノエル兄さんは、ハンパなくカッコよかったです。大げさじゃなく、輝いてました。キラキラと。というかライブが終わるまでそこにノエルがいるということが信じられませんでした。だってあまりにも近すぎます。小さなスタジオでノエルがギターを弾いて歌ってるのを聴いているのと実質的には同じ距離でしたから。目も何回か合ったし。絶対(笑)

ゲムも負けじとカッコ良かったです。いや、ルックスだけで言ったらゲムの方が断然イケメンですね。僕は初期オアシスのボーンヘッドとギグズィのトホホっぷりも結構好きなんですが、ゲムとアンディの加入はオアシスを音楽面で良い方向に変えただけでなく、ビジュアル面でも変えたんだなと思いました。ロックスターはルックス重要ですからね。

演奏した曲は全部で13曲。夢のような1時間でした。Unpluggedということで絶対に聴きたかった「Talk Tonight」もやってくれたし、最後の曲はなんと「Married with Children」でした。アニキはちゃんとファンのことを分かってますね。テレビカメラがあったので、そのうちどこかで放送されるか、DVDとして発売されることを期待しています。DVDの方がいいな。

写真は帰りにお土産にもらったポスターです。素晴らしい時間を提供してくれたMySpaceの皆さんに感謝します!

set list
- (it's good) to be free
- talk tonight
- fade away
- cast no shadow
- the importance of being idle
- listen up
- half the world away
- wonderwall
- whatever
- slide away
- strawberry fields forever
- don't look back in anger
- married with children
posted by matsu at 10:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/95382167

この記事へのトラックバック