2008年10月18日

冬のイルミネーション

さて、日を追うごとに寒く・暗くなっていくタンペレ。
10〜11月はフィンランドでは最悪の季節(笑)といわれています。

そんな人々の沈む心を元気づけるべく、
タンペレでは毎年この時期になると、町中がイルミネーションで飾られます。

昨日はその点灯式が行われるというので、家族3人で見に行きました。


The 43rd Tampere Illuminations

タンペレでは珍しい人混み(笑)
奥のほうにステージがあって、
ファイヤーダンスみたいなのをやってました。
ちなみにこのときの気温は4度くらい。


The 43rd Tampere Illuminations

花火!ぴかぴか(新しい)
結構近くて、息子が怖がるかなーと思いましたが、余裕でした手(チョキ)


The 43rd Tampere Illuminations

花火の後、点灯されましたひらめき
結構感動。


The 43rd Tampere Illuminations

メインストリート(Hämeenkatu)の電飾はこんな感じ。

このイルミネーションは、1月まで続くそうです。

posted by matsu at 15:10| Comment(2) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
すっごくキレイだね〜 今からクリスマス気分?うらやましい。
日本は今初秋で紅葉始まりつつあるけど、世の中色んな「季節」があるもんだねぇ。
ところで街はすごい「都市」っぽいね!笑。エスプリのお店があるねぇ。買い物もできそう。
Posted by aikon5 at 2008年10月19日 09:54
っぽいね、確かに(笑)
でもこのメインストリートだけだよ。
人も普段はもっと少ないし。。。
ほんとこのライトが励みになるかも(笑)
あとは雪とクリスマスを待つのみだねー。
Posted by matsu at 2008年10月20日 02:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。