2008年03月02日

e-Taxが分かりづらい!

去年の医療費が10万円を越えたので、医療費控除申請をしようと思いe-Taxに行ってみたのですが。。

まぁ〜分かりづらいですね。

まずどこがスタート地点なのかが分かりません。誰を対象としたサービスなのかも良く分かりません。何とか「電子申告・納税等開始(変更等)届出データ確認シート」なるものをPDFで作成するところまではこぎつけたのですが、いざ送信!してみると何だかエラーが出て送信できず、ヘルプを見てみました。

予想通りというか、エラー関する説明は見つけられず、さらに手順説明を見ていると。。
電子証明書とICカードリーダライタをご用意ください。

 (1)電子証明書
 住民票のある市区町村の窓口で、住民基本台帳カード(ICカード)を入手し、電子証明書発行申請書等を提出して電子証明書(公的個人認証サービスに基づく電子証明書)の発行を受けてください(手数料が掛かります。)。
 詳しくは、住民票のある市区町村へお問い合わせください。

 (2)ICカードリーダライタ
 家電量販店やインターネット販売で購入できます
 詳しくは、「公的個人認証サービス対応ICカードリーダライタ普及促進協議会」をご覧ください。

え?金かかるの??

というわけで申請するのやめました。どうせ何千円にしかならず、「ICカードリーダライタ」代に消えてしまうので。。結局平日しかやってない税務署に行けということなのでしょうが、妻が2ヶ月の子供を抱えて申告に行くのは、簡単なことじゃありません。

一体誰の為・何の為のオンライン申請システムなのでしょうか??

これって個人向けのサービスでもあるんですよね?何だか利用者にやさしいというイメージを作っているみたいですが、実体は見事なお役所仕事ですね。ユーザビリティをまったく考えていません。おそらくもともとは納税者の為ではなく、税務署の仕事を減らすためのシステムなのでしょう。

文句ばっかり言っても仕方ないので、以下改善案です。

  • e-Taxトップページに「申告開始!」のようなボタンを作って、そこから入ればどんな申告者でも(ここ大事)画面上の案内に従って申告を完了できること。
  • 全ての操作がブラウザ上で完結すること。(=専用ソフトウェアをインストールさせない)
  • 電子証明書・ICカードリーダライタを要求しないこと。

一般の利用者を対象にするのなら、最低限このくらいは実現して欲しいものです。

posted by matsu at 22:24| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする